2014年11月11日 (火曜日)

危険ドラッグに対する政府の対応

数か月前とは雲泥の差の、危険ドラッグに対する政府の対応だ。

野党側が提案する、与党もその案を踏まえつつ、最適な法案の整備に尽力する。

極めてシンプルなことの運びと感じる。

一挙に片付くほど容易ではないにしても、かなりの実効性があったことは事実だろう。

他の分野でも同様に、山積している社会問題に対し決断をし、実践をしていただきたいところだ。

世間では最近、ある「風」が吹いているようだ。

立冬過ぎ

|

2014年7月 9日 (水曜日)

脱法・・・という名の流通物

脱法・・・という名の流通物。

常識では考えられない、秩序のなさ。

「規制緩和」は適正に行うべし。

以前にも書いたが、そもそも何故「規制」が存在せざるを得ないのか。

また、「法律で規制されてない・・・」という言い分、「薬物」を扱う資格なし。

ここは「常識」で考えていただきたいところだ。

そして問題な事に、これらのことは、今に始まったわけではない。

今こそ、「やれるべきすべての事柄について対処する」という政府の言葉を信じたい。

実効性のある対策を、速やかに実行すべし。

小暑すぎ

|

2014年3月14日 (金曜日)

第10回ヘルシー・ソサエティ賞 

Dvc00560

本日の読売新聞の広告面からの引用です。

Dvc00562

Dvc00561

Dvc00559

そして、国内医療従事者部門での栄えある受賞者は、本県の高橋昭彦先生(ひばりクリニック院長)。

日頃から患者さん本位の医療を正に実践され続けての受賞。

長年の取り組みに深く敬意を表すと共に、今後更なるご活躍を心からお祈り申し上げます。

春一番前

|

2014年2月 5日 (水曜日)

メッセージ

新年会・研修会・会議が怒涛のように続く毎日。
先日の節分を前にテーブルの上に・・・。

Dvc00459

娘達が、栃木県こども観光大使講座(足利)を受講した夜、私の指定席に・・・。

もしや娘達からのメッセージかと思うと、少し複雑な心境に。

また一方で、娘達が「論語」に心を動かされたという事実は素直にうれしくもある。

Dvc00462

(平成26年2月4日 下野新聞 論説)

娘達の成長と郷土への理解が一層深まることと、この事業の定着、発展を心から願う日となった。

立春すぎ

|

2013年9月19日 (木曜日)

栃木の酒で乾杯! 中秋の名月に感謝!そして乾杯!!

季節はすっかり移り変わってきている。今夏の猛暑から、竜巻・突風、そして台風。
改めての“自然の猛威”を実感する。

ここ数日は台風一過の安定した日が続き、今年は“中秋の名月”を、珍しく何の心配もなく拝めそうだ。

「月見」

この日本の秋の風物詩。古に想いを馳せながら、改めて味わいたい。
温故知新。日本の豊かさに感謝である。

そんな中朝刊に目を通しているとこんな記事が。

本日(平成25年9月19日)下野新聞1面記事より引用

Dvc00031

月が明ける10月1日「日本酒の日」も近い。

まず今宵の月見酒はもちろん「栃木の酒」で乾杯だろう。

中秋の名月に感謝そして乾杯

|

2013年9月 9日 (月曜日)

7年後の東京オリンピック開催に向けて

昨日、早朝は日本全国で歓喜に沸いた。2020年のオリンピック・パラリンピック開催地が「TOKYO 2020」と正式に発表されたからだ。

開催が決まり、デフレからの脱却と経済再生に向けてひた走る日本としての、喜びはこの上なく大きい。

喜びの声の中に「7年後は・・・」と未来に向けての言葉が必ず出る。経済とは異なる視点から見てみると、直感的に「ここ数年の日本における健康寿命が伸びる」と感じた。

これはとても大切なことで、社会的にも経済的にも大きなプラスとなりそうだ。

薬局として、薬剤師として、食と美と健康の専門家集団として、大いに貢献していきた。

スポーツクラブ・健康サロンやシニア世代の団体等からの声かけには、今まで以上に積極的に貢献していきたいと強く感じる。

2020年7月(予定)に「2度目の東京オリンピックを、健康で元気で、もう一度この目で見てみたい」そんな方が増えてくれることを心より望む。

そして、最後に一言、政府への希望を付け加えるならば、東日本大震災の被災者・被災地にもう一度真摯な眼差しを向け、最善の行動を早急に取っていただきたい。

白露すぎ

|

2013年8月 7日 (水曜日)

猛暑再来!

一気に真夏の高気圧に覆われ、猛暑再来です。

一度涼しくなった後だからこそ、身体へのダメージや気のゆるみが生じます。

脱水症状や熱中症対策をしっかり実践して、この猛暑を乗り切りましょう。

特に、屋外での運動時や工事現場等での熱中症や脱水対策には万全を。

立秋

|

2013年7月 6日 (土曜日)

要注意!人ごとではない「脱水症状」!!

一気に湿度と気温が上昇しています。

要注意です。「脱水症状」は高齢者や乳幼児だけではありません。この季節、誰しもがなる可能性があります。

水分の支出(発汗・下痢・嘔吐等)が増加すると、脱水症状へのリスクが一気に高まります。

水分の収入(飲み物・食事等)が減少しても同様です。

また、脱水状態を防止するには、「水分と塩分」を同時に補給することが極めて大切です。

真水やお茶だけでは脱水状態から脱出することはできません。

ベビーカーはアスファルト等の放射熱の影響で、大人が感じる暑さをはるかに超える過酷な状況を作り出します。ベビーカーでの外出時は、定期的に赤ちゃんを実際に抱き、体調変化をチェックするようお願いいたします。

要注意!人ごとではない「脱水症状」!!

小暑 前

|

2013年7月 1日 (月曜日)

久しぶりに“とちまるくん”に会いました!

今日から7月(文月)です。早いもので、平成25年も半年が経過し、後半戦に入ります。

国政では通常国会が終了し、事実上の選挙戦突入。しかしながら今年の国会の終盤は緊張感が途切れ、いただけない会期末のように感じたのは私だけでしょうか?

小手先の成長戦略でなく、しっかりと日本経済が、日本社会が好転するような戦略を打ち出すべき時と強く感じます。

さて、地元の栃木県では、今年度冬季国体の開催県になっております。

Dvc00698

本日現在で開幕まであと211日、とのことです。

直近の半年の時間の経過の感じからすると、冬季国体の開幕もあっという間!?

文月入り

|

2013年6月15日 (土曜日)

栃木県140歳に

今日6月15日は、栃木県の「県民の日」。明治6年(1873年)に旧栃木県と宇都宮県が合併し、現在の栃木県の形がほぼ作られた。

故郷「栃木県」をこれからも愛し、次世代にこの素晴らしき郷土を遺していきたいと改めて強く感じる。

また、私の母校「今市小学校」も、創立140周年を迎える本年。
良き伝統校として、こちらも今後も愛していきたい。

梅雨中

|

より以前の記事一覧