« 国土交通省 市街地政策大転換 | トップページ | 7年後の東京オリンピック開催に向けて »

2013年8月28日 (水曜日)

経済産業省 市街地活性化策概要

本日(平成25年8月28日)下野新聞6面掲載記事からの引用

Dvc00918

引用終了

昨日の日経記事の国土交通省の関連記事と今回の経済産業省の記事とを組み合わせれば、ひとつの成長戦略から光が見える可能性が出てきた。

以前は空き店舗対策は空き店舗を埋めることが目的?と思われても仕方がないスキーム。成功例が皆無だったのは必然か、と素人ながら思えていた。

シャッター街の不思議についても、疑問があった。

今回は「何故空き店舗に・・・」「シャッターは閉めない方が・・・」となるよう、規制改革と税制優遇をしっかり対応すべきところ。

今まで“まちづくり”とはあまり縁がなかったと思われる、厚生労働省管轄でいえば、「独居老人の安全対策・健康維持対策」「認知症・認知症予備軍対策」「ハローワークの立地に関する問題」「保育に関わる事業の立地に関する問題」「老健施設等の立地に関する問題」等。

他の省庁でもひとつひとつあげていけば、きりがないくらいの可能性を秘めている。

“大転換”はそうそう何度もすべきではない。

国も地方も市民も“ラストチャンス”と肝に銘じ、覚悟を決め、期間を定め、実行の時だ。

猛暑から秋晴れへ

|

« 国土交通省 市街地政策大転換 | トップページ | 7年後の東京オリンピック開催に向けて »