« 久繁哲之介氏著「コミュニティが顧客を連れてくる」(商業界 2012年)が紹介されていました | トップページ | 平成25年(2013年)幕開け »

2012年12月31日 (月曜日)

平成24年(2012年)残りわずかな時

平成24年(2012年)残りわずかな時間を残すのみとなりました。

今年も様々な出来事があり、喜び、悲しみ、悔しみ、憂い、期待し・・・・・。本当に様々な出来事がありました。

全ての皆様に感謝申し上げます。

今年私も44歳を迎えたことを実感し、省みることも意識し日々を過ごしました。

今まで走り続けてきた私が、偶然の出来事で立ち止まる年でもありました。

貴重な経験をした1年でした。

私が生まれた年は、昭和43年(1968年)。

ほとんどの経済指標が毎年確実に右肩上がりの頃。

経済的な豊かさの絶頂はやはり1990年代初頭まででしょうか。

平成24年(2012年)までの経済的指標の44年間をグラフにすると、正に山を登り、山を下ってきたかのような曲線が描かれるのかもしれません。

これからの日本も、世界も同じようなことを繰り返すのかもしれません。底割れをすることがない、とも言い切れないのが、現代社会の恐ろしいところです。

経済的な豊かさを求めると同時に、真の内なる豊かさを確実に積み上げていきたいと思う日々です。

そして、明日からは新たな年を迎えます。
改めてこの一年に感謝をし、謙虚に、また新鮮な気持ちで元旦を拝みたいと思います。

平成24年除夜の鐘 前

|

« 久繁哲之介氏著「コミュニティが顧客を連れてくる」(商業界 2012年)が紹介されていました | トップページ | 平成25年(2013年)幕開け »